クレジットカードを作るか悩んでいる方へ

2016年2月16日
から missrugby
0件のコメント

クレジットカードは、持っているだけで借入になってしまうの?

携帯会社のカードやショッピングカードなど、今ではどこに行ってもクレジットカード付帯のものが増えてきました。
クレジット機能を付ければ、年会費が無料になるというサービスも多いですよね。
審査も簡単で、気軽に持っている人も多いと思います。
でも、クレジットカードの持ちすぎにはちょっとした落とし穴があるのはご存知ですか?こんな例があります。

結婚を機に住宅購入を決め、銀行に住宅ローンを申込んだ普通のサラリーマン。
一般企業に勤め、収入も安定しているのに銀行から断られた!なんてことも現実に起こっているのです。
大きな借金もないし、延滞など思い当たることがない…審査が通らなかった原因で可能性があるのが、クレジットカードを大量に所有していることです。
仕事上の付き合いがあり軽い気持ちで作った、使わなくなったから解約手続きをせずにハサミで切って破棄した。
など心当たりのある人は要注意です。
例えば30万円のキャッシング機能が付いているものであれば、いつでも借入可能という理由から「30万借入有り」とみなされることがあります。
つまり自覚がないままに借金をしていることになるのです。
銀行などの審査には、事前に申告すれば問題ないケースがほとんどですが忘れていると虚偽の申告とされることも!
皆さんも存在を忘れていたり、解約手続きをしていないカードはありませんか?
最近は悪質な詐欺などが多いですから、自分のプライバシーは自分で守るつもりで解約手続き、破棄する個人情報はきっちりやりましょう。

また上記以外の理由で、クレジットカードを申し込んだら審査に落ちてしまったという方はなぜ落ちたかご存知でしょうか。
実は自己申告の書類ではなく、あなたの名前や住所だけであなたの借入額、返済状況などの情報をクレジット会社は知っているのです。
>>ブラックでも作れるクレジットカード
国内には複数の信用情報機関が存在して、国内の金融商品を扱う企業はいずれかの信用情報機関の会員となっています。
そして複数の信用情報機関は顧客に返済の大きな遅れ、未払いがあった場合にその情報を共有しています。
審査に落ちてしまう方は身に覚えはありませんか。
ちょっとした2~3日の遅れは誰にでもある『うっかり』で見てもらえるので延滞、遅延扱いにはなりません。
1ヶ月以上の延滞、遅延が頻繁だと情報が登録されてしまいます。

次にクレジットカード会社によって審査が厳しいところ、そうでない所と審査基準が違います。
申し込み情報によって点数をつけるスコアリングが行われた後に、信用機関に登録されている情報を細かく確認して、連続した遅延返済、収入に対しての借入額、返済状況を調べます。
そののちに審査の可否、利用限度額の決定が行われます。
大手スーパーやネットショップが発行する流通系クレジットカードが審査は甘く、イオンカードや楽天カードは審査に通りやすい傾向があると言われています。
三井住友VISAカードなどの銀行系は審査が厳しい傾向にあります。

2016年1月26日
から missrugby
0件のコメント

使い分け!クレジットカードの賢い利用法

みなさんはクレジットカード持っていますか?
わたしは2枚持っています。どちらもポイントの制度が違うので使い分けています。

よく行くお店で使えるポイントがあると便利ですよね。たとえば小銭がない時など、その端数だけポイントを使うことがあります。
最初は気が引けるかもしれませんが、店員さんも慣れていますから大丈夫ですよ。

大きな買い物でカードを使うとたくさんポイントが貯まりますよね。定番ですが、わたしの場合は幹事役を買って出ています。
宴会代をクレジットカードで払うと結構大きな金額になります。
回収したお金は忘れずに銀行口座に充当しておかないと、引き落とし残金が足りなくなることがあるので、注意が必要ですがそれさえしっかりしておけば大丈夫です。

職場の飲み会など、行事で払う分にはいいのですがポイントをためるために飲み会をするのでは本末転倒なので注意しましょうね。

クレジットカードがあるだけで優待が受けられる場合があります。
あるコンビニではカード会員限定でジュースが20円引きキャンペーンをすることがあります。
もちろんその買い物でもポイントが貯まりますからお得ですよね。
クレジットカードによってはポイント率も違いますので賢く使い分けましょう。

2015年11月22日
から missrugby
0件のコメント

インターネットショッピング時のクレジットカードについて

私は現在クレジットカードは2枚保有しています。
それは家計費用のイオンカードと、自分のショッピング用の楽天カードです。
私はインターネットショッピングが多かったのですが、楽天カードを作るまでは代金引き換えやコンビニ払いで支払っていました。
その時はポイントがもったいないなど思ってもみませんでしたが、主人からそのことを指摘されインターネットショッピング用のクレジットカードを作ることにしました。

いろいろカードについて調べてみたところ、楽天カードにはネットショッピングのメリットが多いように思い、楽天カードを作ることに決めました。
特にメリットだと感じた点を挙げてみると、「入会で2000円相当のポイントを付与される」、「年会費無料なのに、ポイント還元率が1%と高め」の2点です。
実際に楽天カードを利用してみて、ポイントが貯まるのが早いように感じました。
私の場合大体毎月1000ポイントほど付与されています。

また、最近では楽天の球団優勝セールがあったり、ポイント10倍商品があったりと、楽天で楽天カードを使うメリットが増えてきたように感じます。

付与されたポイントも、楽天内の様々な出品店から購入することができ、買い物をするのが楽しく感じます。
これからもインターネットショッピングは楽天カードを使っていこうと思います。

2015年7月30日
から missrugby
0件のコメント

クレジットカードの浪費の原因でしょうか?

クレジットカードを持っていると、ついついお金を浪費しがちだと考える人がいます。
確かに、ほとんどのものをカードで支払う人がいますから、そのような場合には、自分がどれくらいお金を使っているのか分からなくなってしまい、結果としてお金を浪費している状態になってしまう可能性も考えられます。

確かにちょっとした買い物などでも、毎回カードで支払っているような人たちもいます。
よく聞く話しとして、スーパーなどでの買い物で、レジで並んでいるときに、前の人がカード払いをした時には時間がかかって列がなかなか前に進まないなどと言います。
確かにスーパーマーケットなどでもカード決済する人は意外と多いものです。
その人たちの言い分としては、クレジットカードを持っているのに、逆に現金払いする理由の方がないということです。
クレジットカードで支払った場合には、多くの場合にはポイントのようなものがつきますので、恐らくそうしたことを念頭に、そのような話しをしていることと考えられます。

そういう人たちの場合には、きちんとお金の管理ができているでしょうから問題はないのかもしれません。
一番問題となるのは、特にカードを持ったばかりの若い人たちではないでしょうか。

2015年6月3日
から missrugby
0件のコメント

少しの買い物でもカード払いが良い

クレジットカードを使うことで貯まるポイントは意外とたくさん貯まるので数ポイントだからといって無視しないほうが良いと思いました。
前までは現金派でカードを使うのは大きな買い物をするときぐらいでしたが、ポイントの貯まり易さに気がついてからはコンビニでの少しの買い物でもカード払いするようになりました。
年会費無料のカードでも1%以上のポイントが付くので100円以上の買い物をすれば確実にポイントが付きます。

年会費有りのカードではもっとポイントがついたり、航空会社のマイルが貯まったりと更にメリットがあります。
1%で考えても、月に10万円をカードと現金で比べると1000円分の違いが生まれます。
ただカードで払うだけで1000円も得するなんて素晴らしいと思います。
支払い時も小銭を出す面倒もなくカード1枚で支払えてメリットしかないと思います。
カード会社ごとにキャンペーンなども行っているので実際には1%分以上の得が出来ていると思います。

2015年4月11日
から missrugby
0件のコメント

便利すぎるクレジットカード

クレジットカードはたいへん便利でもう手放せません。
現金を沢山持ち歩かなくて良いし、小銭が貯まって財布が太ることもありません。おまけに支払いも早いです。
サインレスだと本当にすぐ終わります。海外では慣れない外国のコインを気にしなくて良いのも利点です。

でも、クレジットカードは沢山の会社が発行していて、年会費やポイント、サービス、保険・補償はいろいろあります。
どのカードがお徳か、判断付きませんが、やはり年会費無料が一番です。
年会費をポイントで取り戻そうとすると、不要なものまで買ってしまう恐れがあります。
例えば3千円の年会費を100円購入で1ポイント=1円で取り戻そうとすると、30万円以上使わなければならないことになります。

毎年のことだと考えると年会費は馬鹿にならない金額です。
年会費無料でポイントが付けば、ポイントが丸々お得になるので分かりやすいし、ネットでそのままお金として支払に充当できるのでネット通販にも非常に便利です。
お得、便利だと言っても、買いすぎないように注意しています。